日本語は奥が深いよ。その分可笑しいけれどところは長いよ

日本語は奥が深い。
結構にむつかしい。
とくに、どこで平がなにして、どこで漢字を使うかは、
読みやすい日本語を書く上で非常にヒントです。
ひじょうにヒントです。
『数学文言礼典』という書物で、副詞はひところがなにすると習った。
とくに、とか、いまひとつ、とか、そういった言葉です。
形容詞は漢字でも良いが、副詞はひところがなにやる。
こういう家柄を続けるだけで、ずいぶんと日本語が綺麗になった気がする。
ずいぶんと、などもひらがなです。
でも、きれいな日本語が書き込めるようになるには、名詞などの品詞を意識することが
結構重要だと感じた。
それは名詞か?形容詞か?副詞か?人称エースか?
などの品詞を意識して、じぶん家柄をつくる結果、綺麗な日本語にのぼる。
悪い文言のパターンとして、福井は、など、津々浦々は、などの人称エースを使って仕舞うことだ。
正確には、福井県内クライアントは、邦人は、などの人称エースを取り扱うことが重要です。
こういったことは、ずいぶん教えてもらえない。
じぶんで学んで行くしかない。
自己という単語も、ひところがなに開いたほうが綺麗に思える場合もある。